お知らせ

*1 今年度の「シニア情報生活アドバイザー」の更新につきましては現在受付中で有り、有効期限2022年3月末の方には前回更新された団体又は当協会(個人登録されている方)より更新のご案内が来ているはずですので、万一どこからもご案内が来ていない場合は当協会にご連絡願います。

*2 この度デジタル庁で創設された「デジタル推進委員」については、「シニア情報生活アドバイザー」もしくは「スマホ・タブレットマスター(含アドバイザー)の資格を持たれている方は当協会の推薦で「デジタル推進委員」になれることになりました。詳しくは事務局からのお知らせをご覧ください。

 

 


 

 
  Counter616267
オンラインユーザー2人
ログインユーザー0人
支援活動情報
 東日本大震災に関するシニアネット団体の支援活動報告や支援活動提案などはこのページで投稿をお願いします。

 報告書や案内のチラシなど文書や画像などを一緒に投稿していただくと参考になります。
 (投稿画面のツールボタンに画像アイコン、クリップアイコンがあります。)

 ログインIDをお持ちで無い方の投稿は以下のアドレスへお願いいたします。
 webmaster?nmda-snr.saloon.jp ※送信時は?を@に変えてください
 
支援活動情報 >> 記事詳細

2012/09/25

復興支援金はまだまだ必要としています

Tweet ThisSend to Facebook | by kawamura
このたび、自立化支援ネットワーク殿より東日本大震災復興支援基金として、Ipad講習会での収益金を頂戴いたしました。 昨年末より本年6月までの間に皆様の支援金及びマイクロソフト殿の支援により、岩手、宮城、福島の被災地の5団体により被災者に対するパソコン講座を都合17回、272人の方に教育を実施する事が出来、被災者の方には大変喜んでいただけたと思います。しかしながら現在資金が枯渇しており支援は中断せざるを得ない状態ですが、現地においては瓦礫処理とか港湾設備の復旧等のハードウェア関係には予算が豊富についておりますが、このような教育とか、地域再生とかのソフトウェアについては、成果としてはっきり出ない為予算がほとんど付けられていないのが現状です。                        特に陸前高田のシニアネットリアス高田殿は御自分自身が被災者であるにも係わらず、我々の支援がない現在でも独力で被災者の方に無料パソコン教育をつづけれらて居ます。シニアネット事務局もまだまだご支援を続けたいと思いますので、皆様の暖かい御援助を再度御願い申し上げます。
14:29 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)